コンテンツへスキップ

記事: THE CRIMIE ”1550” PANTS

THE CRIMIE ”1550” PANTS
1550

THE CRIMIE ”1550” PANTS

そこには"スタイル"がある




THE CRIMIE "1550" TAPERED SLIM FIT

 

ある人は言う。

「ファッションとスタイル、似ているようで違う言葉。

ファッションは時代の風を映すもの。
スタイルはそれぞれの佇まいや所作を示すもの。」と。

 

「"スタイルがある"
これはずっと同じ格好をし続けることとは違う。
時代の風を感じながら、
新しい挑戦をしながら、
常に進化し続けること。」

 

「自分の生きる道に合ったモノの選び方、
着こなし方を探し続けること。
それがスタイルになる。」と。
 

『THE CRIMIE DESIGNER:YONHO氏 談』

 

“STORY”
LOT : "1550" TAPERED SLIM FIT

 

ブランドを始めてから改めて、
アメカジの世界観をちゃんと体現しておこうと、
行き来が始まったLA。
数年後の2006年からHOLLYWOODに
生産拠点としてアパートを借りた。

 

せっかくLAで生産するのだから
曰くある服を作りたいと思い、
ディッキーズのパンツを何本も解体して、
裁断を繰り返し作ったパンツがある。
2009年GARDEN TOKYO原宿店の
オープンより前の話だ。

 

幸いにも古くからリーバイスの赤耳生地を供給していた
コーンミルズ社にデニム生地を別注することができ、
アパートで生まれたシルエットをもとに
"WESTWOOD"と名前を冠した
細身のジーンズを作ったのが、
LOT: "1550"の始まり。

 

ちなみにWESTWOODはアパートから
よく歩いて行ったBARの名前が由来。
そして”1550”はノースポントセティア
という通りにあったアパートの番地。




その後にこのシルエットをいじりながら、
色々なパンツを作り、”LEX”と改名し、
トラウザーへシフトチェンジしながら
たどり着いたシルエットが
現在の”1550”TAPERED SLIM FITだ。
”7714”や”4812”よりも前で
創業から継ぎ足しする焼き鳥のタレみたいで
個人的な思い出深さがある。

 

当時、LA,NY,ヨーロッパ、TOKYOを
行き来しながら、
「きちんとした綺麗な細身のチノパンが必要だ」
とふと思った。
太いパンツや
細身のトレンドとか行き来する中、
不変的な気骨がありながらも
エレガントな装いにも通じる
万能なパンツを作っておこうと。
ワイドなシルエットは個人的にも好きだが、
TPOを選ばない
万能で絶妙なシルエットを
生み出す繊細なラインが、
このLOT : "1550"の特徴であり、
今のブランドに通じている
シルエットへの"こだわり"の始まりである。

 

個人的にはジャストではなく、
1サイズ上をゆるく履いて、
ほのかにテーパーした綺麗なシルエットに
ライダースを羽織るのがいつもの気分。




立体的なシルエット設計は、
人の動きを考慮され、
優れた機動性と利便性でありながら、
スタイリッシュでスマートな佇まいに。
見た目の綺麗なシルエットを維持しつつも
履き心地にストレスを感じない
ものに仕上げています。

 

カジュアルはもちろん、
ドレススタイルにもマッチする美脚シルエット。
生地はストレッチを十分に効かしつつ、
ハリとコシを持たせ、
オールシーズンを通して快適に履ける
素材となっています。

Read more

THE CRIMIE ”7714” PANTS

THE CRIMIE ”7714” PANTS

1本は持っておきたいTHE CRIMIEの "7714" SLIM FITのパンツ。 デザイナー曰く「スキニーパンツの一歩手前のシルエット」というだけあって、 パツパツになりすぎずスマートで美脚効果も抜群のスリムフィットシルエット。 THE CRIMIEで大人気のBORN FREE PANTSをミリ単位でアップデート。 2023 SPRING COLLECTION では、ストレッチラムレザー...

READ MORE
THE CRIMIE ”4812” PANTS

THE CRIMIE ”4812” PANTS

太すぎず、細すぎず何にでも合う THE CRIMIE "4812" SMART STRAIGHT。 足元はブーツ、ドレスシューズ、スニーカーでも。 GARDEN TOKYOのSTAFFのほとんどが持っている STRETCH LEATHER TRACK PANTSもこのシルエット。 魔法のようなパンツ。 迷った時は、そう、コレ。

READ MORE